どういった方法で沖縄旅行をするのか

沖縄旅行をする方法に関しては、人によって様々だと思います。
現地までどうやって行くのか、現地に滞在する日数、現地で何をやるのか、そして何人で行くのか、その方法はまさに無限通りだと言えるのです。
まず現地へ行く方法ですが、基本的に飛行機かフェリーになります。
早さなら飛行機、安さならフェリーでしょうから、どちらの方法で行くかはその人次第です。
現地での滞在日数ですが、短い人であれば2泊3日程度、長い人であれば2週間以上滞在する人もいるでしょう。
ちょっとした観光で来る人もいれば、本格的にいろんなところを見て回ったりする人もいるでしょうし、のんびりした休暇を過ごすために長期滞在する人もいます。
現地で実際にやることですが、これも人によって様々です。
スポット巡りをメインで来る人もいれば、グルメをメインに来る人もいます。
あるいは、ひたすらビーチで泳ぐために訪れる人もいます。
もちろん、いろんなことを満遍なく楽しむ人もいるでしょう。
そして何人で行くかですが、家族や友達同士で来る人も多いと思いますが、最近は一人旅も人気がありますから、自分のペースでのんびりと楽しむ人もいます。
逆に、大学のサークルや社員旅行で来るケースも多いので、20人や30人以上の団体で来る人たちもいます。
このように、人によって楽しみ方は千差万別ですから、どの方法がオススメなのかは一概には言えませんし、人によって楽しみ方も違ってきますから、自分たちが楽しめる方法で満喫するのがベストだと言えるのです。
また、全国を旅している人が、その一環としてやってくるケースもありますし、現地へ着くまでの過程を楽しみたい人も多いのです。
家を出てから帰るまでが旅だと言われていますから、家を出る瞬間からもう旅は始まっていると言えるわけです。
そして、場合によっては現地で半年から1年ぐらい滞在して、向こうでアルバイトをしながら暮らして、生活雰囲気を楽しんだり、現地の文化に触れたりする人もいるのです。
ここまで来れば、ちょっとした留学と言ってもいいかもしれません。
もしも定期的に遊びに来る機会があるなら、たまには今までと違った方法で楽しんでみたり、今までやったことがない方法で満喫してみたりするのもいいかと思います。
新しい発見が見つかるかもしれませんし、新たな魅力に気づくかもしれませんし、まだまだいろんな知らないことを知れるかも知れないのです。
このような楽しみ方ができるのも、沖縄だらこその魅力なのです。
沖縄を旅行するのであれば、那覇市内のゆいレールを除くと電車が走っているわけではありませんので、他の交通機関を有効活用していく必要があります。島同士を行き来するのであれば飛行機やフェリーを活用する必要も出てくるでしょう。ここでは沖縄を旅行する上で知っておきたい交通機関の選び方について解説していきます。

離島間を移動する場合にはフェリーや飛行機を活用する

本土から行くとなる那覇空港を利用するケースが多いのではないでしょうか。沖縄本島から離島に移動したいということもあり得るわけですが、その際に空港があるところであれば飛行機で行ったほうが早く移動ができます。那覇空港からであれば、宮古空港や石垣空港、久米島空港、北大東空港、南大東空港、与那国空港へ就航しています。

その他の島に行きたいのであれば、フェリーで行くということになります。八重山諸島に行くのであれば、石垣島をいったん経由してからそれぞれの島までフェリーで行きます。

バスで移動する

レンタカーを借りれないというのであれば、バスを使って旅行をする必要が出てきます。電車が走っていないということもあって、比較的バス路線は充実しているわけですが、田舎に行くとなると本数は少ないのが現状です。沖縄の日常を少しでも体験したいのであれば、バスでの移動のほうが楽しめるかもしれません。

バスで移動をする場合は時刻表のチェックを欠かさないようにするべきです。観光地に着いたのであれば、帰りの時間を時刻表で確かめておく必要が出てきます。

レンタカーを活用する

車の運転が可能だというのであれば、やはりレンタカーが一番便利ではないでしょうか。那覇空港を降りるとレンタカー会社がたくさんありますので、自分たちのニーズに合った車を安価で選びやすいという側面があります。沖縄についてから借りると時間がかかりますので、あらかじめインターネットで予約をしていた方がいいでしょう。

ゆいレールを使う

国際通りや首里城公園など那覇市内を観光をするというのであれば、ゆいレールと言うモノレールを活用するのもいいでしょう。一日乗車券や二日乗車券をうまく活用しながら那覇市内観光をしてみてください。

交通機関をうまく使って効率的に移動をしよう

沖縄では離島間についてはフェリーか飛行機で、島内を移動する場合には那覇市内のゆいレールを除くと車での移動かバスでの移動になることが多いです。それぞれの交通手段の特徴を良く知ったうえで、利用してもらったほうがいいでしょう。

更新情報