沖縄で台風に遭遇する時期は

沖縄に旅行をしに行くときのリスクとして台風の接近があるのではないでしょうか。台風が発生する時期と言えば7月から9月にかけてという印象を持つ人も多いのではないでしょうか。特に旅行を計家区している時に台風に当たってしまったら、予定通り帰ることができないということにもなりかねません。実際の沖縄の台風の時期や特徴、降水量などについて解説していきます。

台風の通過地点に位置している

沖縄の台風と言えば夏場によく来るという印象の通りなのですが、それでも多くて月に3回程度に過ぎません。夏場に来る理由と言うのは太平洋高気圧の周辺部を通って日本に北上する台風が圧倒的に多いからです。沖縄と言うのはその通過地点に当たりますので、どうしても夏場は接近する確率が高いということが言えます。

7月や8月は太平洋高気圧の勢力が強いけれども、勢力が不安定ということもあって、経路にしても不安定なところが多いですが、9月以降になると放物線を描くような感じで日本付近を通過することが多いです。そのため、7月や8月に比べると9月のほうが大きな災害をもたらすことが多いので、十分に注意をしないといけないです。

沖縄本島よりは離島の方が影響を受ける割合が高い

沖縄とは言っても沖縄本島から石垣島までは410キロも離れていますので、沖縄とひとくくりにして捉えるのはまずいことになります。正直言うと沖縄本島よりは離島のほうが大きな影響を受けることが多く、離島に接近していたとしても沖縄本島は何ら影響がないということも全然あり得ることです。沖縄とは言っても場所によって影響が全然違いますので、自分たちが行くところはどうなのかという観点で見ていくといいでしょう。

台風の時期は降水量は多くなる

台風がやってきたときには雨が大量に降るのか、風が強く吹き付けるのか気になるのではないでしょうか。5月6月の梅雨の時期と並んで、8月や9月の台風がやってくる時期は降水量が多い時期にあたります。沖縄らしさを感じられる時期と言うのは夏場に当たりますが、台風がやってくる時期に当たりますので、降水量は多くなるでしょう。雨が降ったとしても楽しめるスポットはたくさんありますので、そういうところを探すのもいいでしょう。

天候に関しては運次第のところがある

天候に関して言えば台風が来るかどうかということも含めて運次第のところがあります。台風が来るかどうかという情報は事前につかんだうえで、あまり悩まずに沖縄旅行を楽しんだほうがいいのではないでしょうか。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫