沖縄の道路は滑りやすいので気をつける

沖縄をレンタカーで観光をするというのであれば、注意をした方がいいことがあります。それは沖縄の道路は滑りやすいということです。本土に居た時のような感じで運転をすると事故が起こりやすくなります。ここでは沖縄の道路がなぜ滑りやすくなっているのかということと、どういうことに注意して運転をすればいいのかということについて紹介していきます。

沖縄の道の舗装で一部石灰岩が使われている

本土であれば砂利などの骨材にアスファルトを混ぜて舗装することになりますが、沖縄であれば県内で採取するコーラルリーフロックと呼ばれる石灰岩がほとんどで、特に白っぽい道路と言うのはその影響が強いです。舗装仕立ては本土の道路と変わらないわけですが、時間が経過するにしたがってタイヤが通る部分が白っぽくなってきます。

沖縄自動車道の高速道路であれば100%本土で使用される硬質砂岩を使用しており、石灰岩の割合は少なく、国道や県道に関しても硬質砂岩を30%は混ぜるようにしているわけですが、市町村道に関して言えば100%が石灰岩を利用しているのが事実です。特に市町村道を運転する際には注意をしてください。

雨が降ったらより一層安全運転に努める

雨が降った時にはやはりより一層注意をしないといけないということです。沖縄の道路は直射日光が強いということもあり、すぐにアスファルトが劣化していたり、海からの塩分の結晶が路面につきやすくなるために、乾いていたとしても滑りやすいという印象を受けるのではないでしょうか。一般道であれば石灰岩が使われているために水に濡れるとさらにスリップしやすくなります。

最近のレンタカーではABSが装備されており、路面の状況からABSが作動するのは早いですが、急ブレーキをかけると本土に比べて長い時間スリップし続けてなかなか止まりません。雨の日の追突事故と言うのも多いですので、本土と同じ感覚で運転はしないほうがいいでしょう。

特に水分が少量の雨の降り時と言うのは特に滑りやすいので、急発進や急ブレーキ、急ハンドルと言うのには注意をしたほうがいいでしょう。雨が降り出したなと言うことであれば、スピードを緩めて、車間距離を十分に取って、慎重な運転に努めていきます。

楽しく運転するために事故を起こさないことが大切

沖縄を観光するというのであれば、レンタカーを借りて観光をしたいという人も多いでしょう。その際に注意してもらいたいこととして、沖縄の道路は滑りやすくなっているために、本土にいる以上に注意をしないといけません。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫