沖縄旅行を全力で楽しもうと思ってるなら知っておくべきこと。まとめました

- 沖縄旅行をするために持って行ったほうがいいもの

沖縄旅行をするために持って行ったほうがいいもの

沖縄は本州とは陸続きになっているわけではありませんので、本州とは全く違うという印象を受けるのではないでしょうか。沖縄は日本の南に位置していますので気温が高いのではないかと思うのではないでしょうか。東京に比べても沖縄であれば海で楽しむことができるでしょうし、秋になったとしてもマリンスポーツやダイビングを行うこともできるでしょう。沖縄旅行をするために持って行ったほうがいいものについて紹介していきます。

夏であれば紫外線対策をしっかりとしよう

夏であれば思いっきり海水浴やダイビングをしたいと思っているかもしれませんが、その際には十分に紫外線対策をしっかりとしておきましょう。沖縄は東京に比べても紫外線はかなり強いと思っておいていいでしょう。遊びに夢中で紫外線対策を忘れたとなると、旅行中に熱を持ったり皮がむけて大変なことになるでしょう。

日焼け止めクリームは朝塗ったから安心というわけではなく、気が付いたときには何度でも塗り直すようにします。海水浴やマリンスポーツをする人であればウォータープルーフの日焼け止めを使用するようにしましょう。ただし、落としにくいのでボディーソープやクレンジイルオイルで丁寧に落とす必要があります。

目に関しても紫外線を浴びるとダメージを受けてしまいますので、UVカットのサングラスを用意しておくといいでしょう。レンタカー移動の際でも紫外線を浴びていますので、サングラスを常に着用しておくといいです。

冬であれば防寒対策をしっかりとしよう

いくら南の島であっても12月から2月の冬場は寒いです。ハワイやグアムのような南国の島とは全然違います。日中はそこまで寒さを感じないかもしれませんが、夕方から夜にかけては気温が下がってきますので、必ずいちまいは厚手の上着を持っておくと安心します。タンクトップ1枚で大丈夫と言うわけにはいきませんので、間違っても薄手の洋服だけで出かけることが無いようにしたいものです。

旅行を計画している時期の最高気温と最低気温を事前に調べておいて、それに合わせた服装を用意するようにすれば間違いないでしょう。風に当たるとさらに体感気温が下がりますので、手袋やカイロの準備をしておくことをお勧めします。

季節に応じて持っておいたほうがいいものが違う

沖縄は夏場と冬場で全然違いますので、気温に応じた服装をすることをお勧めします。夏場であれば必ず紫外線対策をするようにし、冬場であれば防寒対策をきちんとするようにします。

  ≪ 前の記事: を読む