琉球菓子として有名なちんすこう.txt

ちんすこうというのは沖縄の定番のお土産として知られていますし、皆さんの中でも食べたことがある人もいるのではないでしょうか。現在は琉球王国から引き継がれている伝統の味を大切にしながらもさまざまな形や味のバリエーションが増えてきています。

ちんすこうの歴史

ちんすこうの歴史は琉球王朝の後期までさかのぼることになります。ちんすこうと言うのは首里城の料理人たちが中国に行って学んだ中国菓子と薩摩藩が沖縄担当の奉行を接待する時の日本菓子がミックスされた琉球菓子として作られました。そこで、新垣氏がこの琉球菓子を学んで明治41年に菓子店を開業しました。

当初のちんすこうは大きくて食べた時にボロボロとこぼれるという問題があり、そこでクッキーの型抜きを利用して一口サイズに改良したのが現在のちんすこうです。そこをベースにしているのが新垣ちんすこうです。

昔は王族や貴族仕方べらえていないくらいの高級なものであったために、あまり庶民には馴染みがないものです。しかし、沖縄本土復帰や沖縄国際海洋博覧会などと共に沖縄を代表するお土産物としても有名になっています。

伝統的なちんすこうである新垣ちんすこうとは

沖縄県民だけでなくお土産としてリクエストされるちんすこうと言えば新垣ちんすこうではないでしょうか。従来からのちんすこうのベースとなっているもので、定番のプレーンだけでなく、紅芋やコーヒー、チョコ、ハート形などもあります。正統派なザクザクとした食感と甘みがある味付けになっています。

ほんのり塩味を効かせた雪塩ちんすこうとは

雪塩ちんすこうとは従来のものに比べてほんのり塩味を効かしたちんすこうです。どちらかと言うとくどくなくさっぱりとした味付けになっていますので、とても人気があります。通常の雪塩ちんすこうと甘くて柔らかいミルク風味のものの2種類がありますので、好みのものを選べばいいでしょう。

チョコレートをコーティングしたちんすこうショコラとは

ちんすこうショコラはちんすこうにチョコレートをコーティングしたものです。これは新しい沖縄の形としてインパクトを与えることになりました。ちんすこうとチョコレートのハーモニーを味わうにはいいのではないでしょうか。

ちんすこうはメーカーによっても異なる

ちんすこうは琉球王朝の後期から歴史があるお菓子ですが、味や形と言うのはメーカーによってバラエティに富んでいるのが特徴です。今回紹介した3つのちんすこうはお土産物屋でもとても人気があるものです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫